2019年 東海地方の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ?平年は?

東海 梅雨

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康――いわゆる「三英傑」と呼ばれる三人を輩出したのが東海地方! 関ヶ原や名古屋城など、戦国時代ファンや歴女にはたまらない魅力を持つ地方ですよね♪

そんな東海地方ですが、「東海3県」と言われたり、「東海4県」と呼ばれたり、ちょっと複雑だったりします。

ここでは、気象庁の予報区としての――愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の4県について2019年の東海地方の梅雨入り&梅雨明けの時期を予想していきます!


平年の東海地方の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ?

平年の東海地方の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか?

過去の気象庁のデータを調べてみると、平年の東海地方の梅雨入りは6/8ごろ、梅雨明けは7/21ごろとなっています。

2019年 東海地方の梅雨入り時期を予想!

それでは、2019年の東海地方の梅雨入り時期を予想していきます!

まずは気象庁が発表している1951年から2018年まで、68年間の東海地方の梅雨入り時期のデータに注目!

東海地方の一番早い梅雨入りが1963年の5月4日ごろ、そして一番遅い梅雨入りが6月28日ごろとなっており、2ヶ月近い大きな開きがあります。

東海地方の梅雨入り日 気象庁データ過去68年分

とはいえ、1963年のデータはとびぬけて早い上、それ以外の67年において5月10日以前に梅雨入りしたことは1度もありません。年々梅雨入りが早くなってきている傾向が見て取れますが、今年も5月上旬に梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。

それでは、東海地方の梅雨入りが遅くなる可能性はどうでしょうか?

しかし、1967年以降51年間で6月20日以降の梅雨入りが観測されたのは2017年の僅か1回。そして、2014年〜2018年のここ5年間は6月上旬の梅雨入りとなっていますので、2019年も6月15日以降の梅雨入りの可能性は少なそうです。

また、68年間の東海地方の梅雨入りの平年時期は6月8日。これらのことを考え合わせると、2019年の東海地方の梅雨入りは5月30日〜6月12日の間くらいになると予想できそうです。


2019年 東海地方の梅雨明け時期を予想!

多くの戦国武将が覇権を争った東海地方は、西日本と東日本を繋ぐパイプラインであり日本第三の経済地域。様々な企業や工場が進出しており、日本経済の屋台骨となっています。

梅雨が長引くと経済にも打撃を与えてしまうこともあり、梅雨入り以上に梅雨明けが気になるのは当然ですよね!

ここからは、2019年の東海地方の梅雨明け時期を予想していきます!

東海地方の梅雨明け日 気象庁データ過去68年分

気象庁の1951年から2018年までの過去68年間のデータを見てみると、東海地方は最も早い梅雨明けが6月22日ごろ、そして最も遅い梅雨明けが8月3日ごろとなっています。

ちなみに一番梅雨明けが早かった1963年は一番梅雨入りの早かった年でもあります。梅雨入りと同様にとびぬけて早すぎる上、梅雨明けは年々遅れてきている傾向にあるので、2019年に梅雨明けする時期として6月の可能性は低そうです。

では、2019年の東海地方の梅雨明けの時期はいつ頃になると予想できるでしょうか?

過去68年間のデータの平年時期は7月21日となっており、東海地方は徐々に梅雨明けが遅くなってきている傾向があることから、2019年の東海地方の梅雨明けの時期は7月12日~7月26日の間くらいと予想できそうです。

 

東海地方の梅雨期間の傾向は?

東海地方の梅雨入りは早くなる傾向にあるのに、梅雨明けは遅くなる傾向に? 人間の生活に梅雨は必要不可欠ですが、あまり長すぎるのも困りものですよね~。

そこで気になってくるのが、2019年の東海地方の梅雨期間の傾向。
ここで、気象庁の過去のデータをもとに予想してみましょう!

東海地方の梅雨期間

東海地方の過去68年間の梅雨入り・梅雨明けのデータを検証てみると、梅雨の期間が一番短かったのが20日、逆に一番長かったのが61日となっています。

その差、1ヶ月以上と大きなもののように思われますが、梅雨の時期のあまり長くない期間が1980年以前に集中しており、2019年も梅雨の期間が25日未満という可能性は低そうです。

過去68年における平均の梅雨の期間は40日となっていますが、梅雨の時期が長くなってきている傾向を考え合わせると、2019年の東海地方は恐らく40日~50日ほどは雨が続く梅雨となる可能性が高そうです。

なお、東海地方では梅雨の後半において、大気の状態が不安定になりがちなのが特徴。梅雨があけても、夏休みの序盤は突然のにわか雨や雷雨になることがあるので、プールや海へ遊びに行かれる際には十分にお気を付けくださいね。


まとめ

2019年の東海地方の梅雨入りは若干早く、梅雨明けはやや遅れ気味ながら平年通りになりそうです。

ちなみに桶狭間の戦いがあったのは、梅雨の時期にあたる6月。圧倒的不利な状況だった織田信長を勝利に導いたのは梅雨? なぁんて今年は戦国ロマンに浸る梅雨を楽しんでみてはいかがでしょうか♪