2019年 北陸地方の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ?平年は?

北陸 梅雨

日本海の恵み豊かな北陸地方。魚介もお米も美味しくって、日本人の魂のふるさとと言っても良いかもっ。さらには日本三名園の一つである“兼六園”や、建設過程が映画化もされた“黒部ダム”、絶景“東尋坊”など魅力あふれる観光スポットもいっぱい!

そんな北陸地方(福井県, 新潟県, 富山県, 石川県)を訪れる時に、気になって来るのが雨……特に夏休みに訪れるなら梅雨明けが気になりますよね! というわけで、2019年の北陸地方の梅雨入りと梅雨明けの時期について大予想しちゃいます♪


平年の北陸地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ?

平年の北陸地方の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか?

過去の気象庁のデータを調べてみると、平年の北陸地方の梅雨入りは6/12ごろ、梅雨明けは7/24ごろとなっています。

2019年 北陸地方の梅雨入り時期を予想!

まずは2019年の北陸地方の「梅雨入り」について、その時期を気象庁発表の1951年から2018年までの68年間のデータを参考にして、予想してみることとしましょう。

過去68年間の北陸地方の梅雨入り時期データの中でも目を引くのが、とびぬけて梅雨入りの早かった1956年の5月22日ではないでしょうか。

北陸地方(新潟県, 福井県, 富山県, 石川県)の梅雨入り日 気象庁のデータ過去68年分

ちなみに、その翌々年は6月28日に梅雨入りしており、過去65年間の中で1987年と並んで最も梅雨入りの遅かった年となっています。2年間の間で、梅雨入りに1ヶ月以上もの差があるのにはビックリですよね!

ではまず、今年は5月に梅雨入りする可能性はあるのか? その検証を行ってみましょう。

実は今年はエルニーニョ現象の影響で、北陸地方の梅雨入りは早くなる傾向がみられています。気象庁の1958年~2012年の調査によるとエルニーニョ現象が発生した年の北陸の梅雨入り時期が早くなる確率は46%、平年並みが31%、遅くなる確率は23%となっています。

ですが、

・1956年のデータがとびぬけて早い梅雨入りだったこと
・また5月の梅雨入りが68年間で3回と全体の5%にも満たないこと
・最後に5月に梅雨入りしてから55年も経っていること
・さらには年々梅雨入りの時期が遅くなっていること

から考えると、エルニーニョ現象の影響を考えても2019年も5月に梅雨入りすることは、まずないでしょう。

なお、過去68年間の北陸地方の梅雨入りの平年時期は6月12日となっています。

これらのことを考えあわせると、2019年の北陸地方の梅雨入りは6月10日から6月24日の間くらいになると予想されます。


2019年 北陸地方の梅雨明け時期を予想!

東北地方の梅雨入りの時期を考えると梅雨明けは、もしかしたら夏休みに入っちゃう可能性大?!
夏休みに北陸地方へ遊びに行こうと考えている方は、特に心配ですよね~?

というわけで、ここでは2019年の北陸地方の梅雨明け時期を予想しちゃいましょう♪

北陸地方(新潟県, 福井県, 富山県, 石川県)の梅雨明け日 気象庁のデータ過去68年分

まずは気象庁発表による1951年から2018年までの68年間の梅雨明け時期のデータを見てみましょう。これらのデータによると、北陸地方が最も梅雨明けの早かったのは2001年の7月2日ごろ。逆に最も梅雨明けが遅かったのが1991年の8月14日ごろとなっています。

梅雨明けの時期に1ヶ月以上の差がある上、この25年ほどは梅雨明けの時期にバラツキが大きいのが気になっちゃうところですよね~。

ちなみに梅雨入りを早める原因となったエルニーニョ現象ですが、その影響は梅雨明けにも!! 実はエルニーニョ現象の起こった年は46%の確率で梅雨明けが遅れる傾向が出ています。(※早くなる確率は15%、平年並みの確率は31%、特定できなかった確率は8%)つまり、2019年においても例年よりも梅雨明けが遅くなる可能性が高いと考えられるのです。

過去68年間の梅雨明けの平年時期は7月24日ごろ。これらのことを考え合わせると、2019年の北陸地方の梅雨明けは7月15日から7月29日の間くらいになると予想されます。

残念ながら、夏休み前半の北陸地方は、晴れ間に恵まれることは少くなりそうです、、、、

 

北陸地方の梅雨期間の傾向は?

北陸地方――新潟県・富山県・石川県・福井県は、どの県も日本海に面し、また峻烈な山々が4県の気候風土に大いなる影響を与えています。

では、そんな日本海や山脈は、北陸地方の梅雨にどんな影響を与えているのでしょうか?
2019年の北陸地方の梅雨期間の傾向について、みていきましょう。

北陸の梅雨期間(長さ) 気象庁のデータ過去68年分

気象庁発表による過去68年間のデータを見てみると、梅雨の期間が一番短かったのが1958年の11日間。これは梅雨入りの最も遅かった年でもあり、それが大きな影響を与えているようです。

また、逆に梅雨の期間が一番長かったのが1956年と1991年の65日間。
一番短かった年と長かった年の差は、実に54日となっています。

とはいえ、梅雨の期間が10日前後というは68年間で1度きり。2019年に当てはめることのできない、稀な出来事だと言えるでしょう。また、梅雨の期間が短くなってきている傾向がみてとれるとはいえ、今年2019年はエルニーニョ現象の影響で長梅雨の傾向にあることが考えられます。

過去68年間の平均は42日間。以上のことから考えると、2019年の北陸地方の梅雨の期間は40日から50日前後くらいと考えられるでしょう。

なお、北陸地方の梅雨は、梅雨後半のみならず盛夏にかけて大雨に見舞われることが多い傾向にあります。梅雨が明けてもしばらくは油断せず、携帯用の傘を持っておくことをオススメいたします。


まとめ

2019年の北陸地方はエルニーニョ現象の影響で、梅雨入りが早く梅雨明けが遅い「長梅雨」の傾向にあります。また、梅雨明け後も雨の心配は欠かせません。

北陸新幹線も開業し、首都圏からも訪れやすくなった北陸地方。雨対策を忘れずに、夏の北陸を楽しんでください。