2019年 関東の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ?平年は?

関東の梅雨

関東地方(東京,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,神奈川,山梨,長野)の気候は実はちょっぴり特殊! 関東地方のほとんどを占める“関東平野”は山々に囲まれており、関東地方に入ったとたんに天気が違った!なぁんてことも。

そんな関東地方は近隣の地方とは、梅雨入り&梅雨明けの時期が異なることも覚えておかなければなりません。では、2019年の関東地方の梅雨はどうなるのか? 関東在住の方も、関東を良く訪れるという方もすごく気になりますよね~? 当然です!

今回は2019年の関東の梅雨入りと梅雨明けの時期を予想してみました!!


平年の関東の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ?

平年の関東の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか?

過去の気象庁のデータを調べてみると、平年の関東の梅雨入りは6/8ごろ、梅雨明けは7/21ごろとなっています。

2019年 関東の梅雨入り時期を予想!

五月病も乗り越えて、元気に勉強や仕事に励み始めたと思ったら、すぐにジメジメ梅雨の時期……。でも、あらかじめ心づもりをしていれば、少しは気分も楽なハズ!

まずは2019年の関東の梅雨入りの時期を過去68年のデータから検証しちゃいましょう~。

関東・甲信地方の梅雨入り日 気象庁のデータ過去68年分

気象庁の1951年から2018年までの関東の梅雨入りの過去データを見ると、一番早い梅雨入りが5月6日ごろ。逆に最も遅い梅雨入りは6月22日ごろとなっていて大きな開きがあります。

とはいえ、5月6日だけがとびぬけて早いので、2019年も5月上旬に関東が梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。では、関東地方で梅雨入りすることの多い時期は?

――それは6月前半です。

過去68年間のデータを見ても56回(89%)が、6月前半に梅雨入りしています。さらに、梅雨入りの平年時期は6月8日。また、過去5年間では全て6月前半に梅雨入りしています。

これらのことを考える2019年の関東地方の梅雨入りは5月28日~6月10くらいとなると予想されます。


2019年 関東の梅雨明け時期を予想!

ところで関東と言えば、“日本の中枢”ですよね! 政治経済、文化などなど、ありとあらゆるものが集まる関東では、梅雨の時期次第では政治経済に大きな影響を及ぼす可能性すらあるのです。
誰もが気になる2019年の関東の梅雨明け時期はいつくらいになるのでしょうか?

関東・甲信地方の梅雨明け日 気象庁のデータ過去68年分

こちらも、気象庁の1951年から2018年までの68年間の過去データを見てみますと、最も早い関東の梅雨明けは6月29日ごろで、最も遅い梅雨明けが8月4日ごろとなっています。

8月の梅雨明けは過去68年のうち、たったの4回となっていますので、8月まで梅雨が長引く可能性はかなり低そうです。また、68年間の梅雨明けの日の平年時期は7月21日、過去5年間においては7月上旬が2回、7月下旬が2回となっています。

 

このことから、2019年の関東の梅雨明けの時期は7月11日から7月25日の間くらいなることが予想されます。

関東の梅雨期間の傾向は?

できれば早く終わってほしい梅雨!関東の梅雨の長さはどれくらいなのでしょうか?

気象庁の過去のデータを元に、2019年の関東の梅雨期間の傾向を検証してみましょう♪

関東の梅雨期間

関東の梅雨の期間は最短で1978年と2018年の23日間、最長が梅雨入りの一番早かった1963年の79日間となっています。3.4倍とかなり大きな差があります。

とはいえ、55日以上の超長梅雨になったのは過去3回のみ。また、2014年から2018年の過去5年間における関東の梅雨期間の平均は38日、過去68年間の平均41日間とほとんど変わっていません。例年どおりなら2019年の関東の梅雨期間は38日から44日の間となるでしょう。

 

実は「関東が長梅雨になると消費が冷え込む→経済に打撃!」という傾向にあるので、今年の梅雨入りは遅い方が関東にとっては喜ばしいことかも知れませんね。

なお、関東の梅雨の傾向として、梅雨明けが宣言されてからも少しぐずついた天気が続きます。梅雨明けしても、しばらくは折り畳み傘などを携帯した方が安心できると思いますよ♪


まとめ

ジメジメした日が続く梅雨、できれば早く終わってほしいものですね!

夏休み序盤はぐずついた天気になりそうなので、関東地方を訪れるなら、8月に入ってからの方が良いかもしれませんね。カラッと晴れた夏の青空が今から待ち遠しいです♪

以上、2019年の関東の梅雨入り、梅雨明け時期の予想をお届けしました!