北海道に梅雨がない理由は?蝦夷梅雨って何?

北海道 梅雨

青く広がる空を吹き抜ける爽やかな風は夏でも太陽の熱さをやわらげてくれ、地平線へと続くまっすぐな道の両脇には恵みに満ちた大地が広がっている――。

大きく包容力のあるイメージを持つ北海道は、爽やかな夏を過ごせるイメージがありますよね。なんと言っても北海道には「梅雨がない」!!

でも、本当に北海道には「梅雨がない」のでしょうか?
雪が降るなら、雨も降る北海道。それなのに何故「梅雨がない」のか?
その謎に迫っていきたいと思います。


北海道には梅雨がないってホント?!

まずは結論を先に行っちゃいましょう。
ズバリ「北海道に梅雨はありません」!!

でも不思議ですよね~? 日本で北海道“だけ”梅雨がないなんて何故なのか?
その謎を解明するために、梅雨の成り立ちから解説していきたいとおもいます。

そもそも梅雨は5月から6月にかけて日本上空で、オホーツク海高気圧の冷たく湿った空気と太平洋高気圧の温かく湿った空気がぶつかって「梅雨前線」が発生することで始まるもの。

その後、1~2ヶ月の間ふたつの高気圧がぶつかり合いを続けながらも、徐々に威力をました太平洋高気圧が前線を押し上げていきます。最終的に前線は消滅し、「梅雨明け」することになるのです。

で、ここからが本題。
この梅雨前線がかかっているところが「梅雨入り」している場所となるのですが、実はこの前線、北海道に到達する前に消滅しちゃうんです。

つまり、北海道には「梅雨前線」が来ない=北海道には梅雨がない、ということになるのです。

 

梅雨がないなら「蝦夷梅雨」って何?!

とは言え、本州や九州・四国の長梅雨から逃れようと北海道を訪れたらコチラも雨の日が続いてビックリした、なぁんて話を小耳にはさんだ事のある方もいらっしゃるのでは?

実は北海道には「蝦夷梅雨」なる言葉があります。

毎年というわけではありませんが、たま~に北海道の太平洋側――釧路や十勝側で、いわゆる梅雨の時期に雨が続く時期があるのです。

これはオホーツク海高気圧の冷たく湿った空気の影響。まったく梅雨前線とは関係がありません。便宜上、蝦夷梅雨とは呼ばれていますが、梅雨の定義で言えば全く別物ということなのです。

ちなみに、蝦夷梅雨の期間は2週間程度。また、蒸し暑くジメジメした気候でもなく、本当の梅雨と比べるとかなり過ごしやすい“梅雨”のようです。

本州以南の人間から見ると、梅雨があったとしてもジメジメしていないというだけで羨ましいですよね!

本州が梅雨の時期、北海道の天気はどんな感じ?

蝦夷梅雨も“まれ”と言いますから、普本州以南で「梅雨前線」が大活躍している時期――6月の北海道はどんな天気が訪れているのでしょうか?

まず、雨は降っていないのか? ちょっと気になるところですよね~。

実は降ってはいます。でも、「蝦夷梅雨」があったとしても、降水量は梅雨まっただ中の関東などと比べても半分以下! 冬に日照時間が少ない分を取り戻すがごとく、6月は晴天の日に恵まれます。逆に盛夏――7月&8月の方が雨がちだったりするので、6月は北海道を訪れるには最適の時期と言えるでしょう。

と、なると6月の気温も気になってきますよね?

ご存知のとおり、北海道はかなり広いので訪れる街によって、気温に大きな差があります。
北海道の主要都市における6月の平均気温を見てみると、札幌16.7℃・旭川16.5℃・函館15.8℃、釧路11.7℃となっています。

北海道の全都市の平均湿度約80%と決して低くないのですが、気温が良い感じに涼しく“湿気”が少ないので爽やかに過ごせるのです。

 

北海道には花冷えならぬ、リラ冷えがあるんです!

本州や九州・四国では「花冷え」という言葉がありますよね。桜の花が咲くころに、一時的に気温がキュッと冷え込むことを指して言います。それと同じように北海道ではリラの花が咲くころ――5月下旬から6月頭にかけて急に冷え込んじゃうことがあり、それを「リラ冷え」と呼びます。

ちなみにリラの別名は“ライラック”。こちらのほうが馴染み深いという方も多いかも知れませんね。

「リラ冷え」以外にも、6月頃の北海道はオホーツク海高気圧の冷たく湿った空気が流れ込んできて冷え込むことがあります。
なので、暖かくなってきたとは言っても油断は禁物!

朝晩も冷え込むので、ジャケットやパーカーといったサッと羽織れるアウターは必須です。また、オホーツク海側の地域や海沿いの地域については、荷物になっても薄手のコートや厚手のカーディガンは持っておいた方が良いでしょう。


まとめ

北海道に梅雨はありませんが、その代わり季節の変わり目に “蝦夷梅雨”や“リラ冷え”があるということが分かりました。雨が降ったり、冷え込んじゃうのは少し困りものですが、ちゃんと季節の変わり目を知らせてくれるというのは四季のある日本らしくて素敵ですね♪